豊胸手術の注意点

シリコンバッグによる豊胸手術

シリコンバッグによる豊胸手術は豊胸手術の中でも最も古い歴史があります。
今ではバッグの内容物、形状、バッグの表面の素材もいくつかの種類が開発されています。
挿入箇所は体型や本人の希望によって乳腺下、大胸筋下、筋膜下と変わります。
シリコンバッグ法は他の方法に比べると確実にボリュームアップが約束されます。
しかし、人工物を入れるということで思わぬ後遺症に悩まされることもあります。
後遺症を少しでも防ぐために、アフターケアをきちんとしているか等の点にも気を付けて病院選びをしっかりするようにしましょう。