脂肪吸引の症例を確認

脂肪吸引の症例については、患者の年齢や肌質、体型などによって大きな違いがあるため、本格的に美容整形に取り組みたい場合には、理想的な通院先を選ぶことが大事です。
最近では、脂肪吸引の施術の内容にこだわりのあるクリニックが増えてきており、比較的リーズナブルな価格で人気の施術にチャレンジをすることが出来るようになっています。

また、カウンセリングの機会を利用することで、術後のシミュレーションを行うことが重要です。
その他、各クリニックの最新の症例の特徴についてチェックをすることがとても重要なテーマといえます。

美容外科の脂肪吸引手術の術後経過について

施術の安全性も高まり、受ける人が多くなった脂肪吸引手術ですが、そのダウンタイムはどれくらいの長さになるのでしょうか?患者の体質や、施術の種類にもよりますが、術後の仕上がりが確定するまでには約3ヶ月間を要します。ですが、この3ヶ月間がずっとダウンタイムという訳ではなく、体調はおよそ1ヶ月半程度で回復します。

特に痛みがひどいのが術後3日目あたりまでで、この期間は身動きできなくなる方も多いようです。術後1週間で筋肉痛程度まで痛みが改善し、2週間後には、万全ではないものの普段通りの生活を送れるようになります。ただし、脂肪吸引は仕上がりが重要なので、美容外科への通院は怠らないようにしましょう。

過度な肥満体型の脂肪吸引は美容外科医との相談が必要

美容外科の脂肪吸引手術と聞くと、日常生活に支障が出るレベルの肥満に対する、効果的な治療方法という印象があります。ですが、過度の肥満体型の方から大量の脂肪吸引を行うのは、身体への負担が相当大きなものとなるため、推奨されない施術方法なのです。施術を複数回に分け、段階的に無理なく痩せていくのが、現実的な方法となります。

また、施術の費用も大変高額となってしまいますので、運動に適した体型まで脂肪を吸引したら、後はダイエットによる自力痩身を行うのが推奨されています。過度の肥満体型の方は、美容外科クリニックの医師とのカウンセリングで、念入りな施術の計画を行いましょう。

【小顔形成】 VASER全顔面脂肪吸引&上下口唇脂肪注入

美容整形・美容外科Kunoクリニック大阪、東京 

美容整形である脂肪吸引

ダイエットをしようと意気込んでも、なかなか思うようにダイエットができないような人もいることでしょう。どうしても痩せたいような場合においては、美容外科や専門のクリニックでおこなっている脂肪吸引が適していることでしょう。

脂肪の吸引ができる機器によって、吸引できる脂肪の箇所や量、身体への影響などが大きく異なってきます。そうした部分を踏まえたうえで、理想のボディラインを目指して脂肪の吸引をおこなうことをおすすめします。また、脂肪吸引をした後に豊胸などの施術をすることもできますので、合わせて検討するのもいいでしょう。

脂肪吸引なら美容整形・美容外科kunoクリニック大阪、東京

東京銀座院
〒 104 – 0061
東京都中央区銀座5-9-12 ダイヤモンドビル2階

大阪梅田院
〒530-0001
大阪府大阪市北区梅田1丁目11番4-200 大阪駅前第4ビル2階

http://www.d-biyou.com/
http://www.d-biyou.com/michelangelo/
http://bust.k-biyou.com/
http://nose.k-biyou.com/
http://eye.k-biyou.com/

小顔になる脂肪吸引、脂肪注入による豊胸手術、二重まぶたにする二重整形、隆鼻などの鼻整形、レーザー脱毛などの美容整形。